RECOMMEND
アトキンス博士のローカーボ(低炭水化物)ダイエット
アトキンス博士のローカーボ(低炭水化物)ダイエット (JUGEMレビュー »)
ロバート・C. アトキンス Robert C. Atkins 荒井 稔 丸田 知美 橋本 三四郎
外食の多い人、忙しい人、今までダイエットに失敗してきた人に効果的なダイエット法。3回の食事から炭水化物を制限するだけ。その仕組みと方法、生涯にわたってのダイエットの考え方などが解説されています。
RECOMMEND
ダダモ博士のNEW血液型健康ダイエット
ダダモ博士のNEW血液型健康ダイエット (JUGEMレビュー »)
ピーター・J・ダダモ
血液型によってどんな病気になりやすいか、どんな食品が健康を助けダイエットに役立つかがわかります。
RECOMMEND
スロトレ
スロトレ (JUGEMレビュー »)
石井 直方, 谷本 道哉
長谷川京子や野茂英雄選手も実行しているという「スロトレ」。簡単なスロートレーニングで効率的に脂肪を燃やします。
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

ダイエット・スキンケアFAQ

ダイエットやスキンケアに関する疑問や悩みをQ&A方式で掲載しています。
<< セルライトの正体 その2 | main | 睡眠と体重の関係 その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
睡眠と体重の関係 その1
Q.寝ないと痩せると聞いたことがあります。睡眠時間を減らせば痩せるのでしょうか?

A.日本では昔からよく「寝る子は育つ」といいます。その通りで睡眠不足だと成長ホルモンの分泌が少なくなるという研究があります。

成長ホルモンは筋肉や脂肪の量をコントロールする重要な役割があります。この成長ホルモンの分泌量が減ると、体重が増えたり、中年以降のいわゆる「太鼓腹」の一因となります。

また、睡眠不足はストレスホルモンであるコルチゾールの分泌量が増えたり、食欲をコントロールするレプチンの分泌が正常に働かなくなるという研究もあります。

睡眠不足によって体重が増えてしまうと、今度は睡眠時無呼吸症候群などでさらによく眠れなくなり、その結果また体重が増えてしまうという悪循環を引き起こしてしまいます。

従って、十分な睡眠をとらなければ太りやすい体になってしまうのです。

では、どうすればよく眠れるのでしょうか?次回では太りやすい体にならないように、よく眠るためのコツをご紹介したいと思います。


楽天市場ダイエット用品売れ筋ランキング

amazonダイエット本売れ筋ランキン

今人気のblogはコレ! ダイエット人気Blogランキング



1|


ダイエットの基本知識関連記事
どうすれば痩せられるの?基礎代謝率痩せるために必要なカロリー私が太っているのは遺伝のせい?アルコールとダイエットセルライトの正体

| ダイエットの基本知識 | 11:57 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 11:57 | - | - |