RECOMMEND
アトキンス博士のローカーボ(低炭水化物)ダイエット
アトキンス博士のローカーボ(低炭水化物)ダイエット (JUGEMレビュー »)
ロバート・C. アトキンス Robert C. Atkins 荒井 稔 丸田 知美 橋本 三四郎
外食の多い人、忙しい人、今までダイエットに失敗してきた人に効果的なダイエット法。3回の食事から炭水化物を制限するだけ。その仕組みと方法、生涯にわたってのダイエットの考え方などが解説されています。
RECOMMEND
ダダモ博士のNEW血液型健康ダイエット
ダダモ博士のNEW血液型健康ダイエット (JUGEMレビュー »)
ピーター・J・ダダモ
血液型によってどんな病気になりやすいか、どんな食品が健康を助けダイエットに役立つかがわかります。
RECOMMEND
スロトレ
スロトレ (JUGEMレビュー »)
石井 直方, 谷本 道哉
長谷川京子や野茂英雄選手も実行しているという「スロトレ」。簡単なスロートレーニングで効率的に脂肪を燃やします。
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

ダイエット・スキンケアFAQ

ダイエットやスキンケアに関する疑問や悩みをQ&A方式で掲載しています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
肌が弱くて化粧ができない その2
Q.私は敏感肌で、化粧をすると顔がヒリヒリしてしまいます。でも、外で働いているし、化粧をしないと老けて見えるのでしないわけにはいきません。何かいい方法はないでしょうか?

A.<前回の続き>
5.アースカラーのアイシャドウを使いましょう。
ネイビーブルーのような濃い色には高濃度の顔料が含まれており、敏感肌の方に有害反応を引き起こすことがあります。茶色やクリーム色、白やベージュを使えば目やまぶたのかゆみがより少なくて済みます。

6.アイラインペンシルやアイブロウペンシルを使いましょう。
ペンシルタイプのものは主にロウが原料になっており、リキッドタイプのものと比べると顔料や保存料が少ないし、簡単に洗い流すことができます。

7.日焼け止め成分をチェックしましょう。
通常、日焼け止めには紫外線散乱剤と紫外線吸収剤が入っていますが、敏感肌の方はSPF15以上の日焼け止めを塗ることをお薦めします。このような日焼け止めには肌に負担の少ない酸化亜鉛や酸化チタンなどの紫外線散乱剤のみが入っているためです。
SPF15以下の日焼け止めには紫外線吸収剤も入っており、それらにはかぶれを引き起こすものがあります。

8.10種類以下の成分が含まれた商品を使いましょう。
成分が少なければ少ないほど、肌にトラブルが起きる可能性は低くなります。

9.マニキュアはなるべくつけないようにしましょう。
敏感肌の方は、マニキュア液が乾く前に目に入ったり、顔についてしまったりするとアレルギー反応を引き起こすことがあります。

10.シリコンベースのファンデーションを使いましょう。
敏感肌の方にパウダーファンデーションをお薦めするのと同時に、リキッドファンデーションはシリコンベースのものをお薦めします。
シリコンベースのリキッドファンデーションはニキビを防ぐのと同時に、肌のトラブルを引き起こす可能性も低いからです。



楽天コスメ市場売れ筋ランキング

amazonコスメ本売れ筋ランキング



< 2
| 敏感肌のスキンケア | 15:48 | - | - |
肌が弱くて化粧ができない その1
Q.私は敏感肌で、化粧をすると顔がヒリヒリしてしまいます。でも、外で働いているし、化粧をしないと老けて見えるのでしないわけにはいきません。何かいい方法はないでしょうか?

A.年齢を重ねるにつれて、日焼けによるお肌のダメージや皮下組織の脂肪の減少などでシワが増え、同時に肌がくすんできます。化粧は何千年も前から女性を若く、美しく見せてきました。しかしお肌が敏感な方は化粧品に高いお金を払いつつ、試行錯誤を繰り返しているのではないでしょうか?

ここでは敏感肌の方が化粧品を選ぶとき、注意すべきことを数回に分けて説明したいと思います。

1.できるだけパウダーファンデーションを選んでください。
パウダーファンデーションはお肌のテカリをおさえるだけではなく、保存料の含有量が少なく、お肌のトラブルを引き起こすような原料も他のファンデーションに比べて少ないからです。

2.ウォータープルーフの化粧品は避けてください。
マスカラのようなウォータープルーフは、涙などを流す時には威力を発揮しますが、落とす時に自分の皮脂まで取り除いてしまうようなクレンジング剤を使わなければなりません。この皮脂がなくなってしまうと肌がヒリヒリしてしまうのです。

3.古い化粧品は捨ててください。
古い化粧品は腐っている恐れがあります。特に目の回りに使うような化粧品には注意が必要です。通常化粧品の使用期限はファンデーションや口紅で1年、マスカラで3〜4ヶ月、アイシャド−が2年くらいです。また汚れや雑菌などがつかないようにスポンジやメイクブラシをまめに洗うことも重要です。

4.黒色のマスカラやアイラインを選びましょう。
黒色の着色剤が一番アレルギーが少ないとの皮膚科医の研究があります。


次回に続く>

楽天コスメ市場売れ筋ランキングを見たい方はこちら、amazonコスメ本売れ筋ランキングを見たい方はこちらが便利です。 



1 < 
| 敏感肌のスキンケア | 13:49 | - | - |